まるいいBLOG

車内空間のケア「プラズマクラスターイオン発生機」と「オゾン発生機」

バス車内の空調は、
高濃度のプラズマクラスターイオン発生装置が装備されています。
浮遊ウィルスや浮遊カビ菌の作用を抑制し、
車内空間をケアしてくれます。

プラズマクラスターイオン発生機

プラズマクラスターイオン発生装置を搭載できない車両には
オゾン発生機を稼働させています。
空気中に浮遊する菌・ウィルス・花粉など、
光の力で除菌が可能です。

オゾンの技術は、医療施設や福祉施設などでも広く利用されています。