会社案内

ご挨拶

丸一観光は、時代の流れを見極めながら
常に先手を打って、何事にも挑戦していきました。
他社がやらなかったことをどんどん手がけたことで
パイオニアとしてわが社に連絡が来るようになり、
売り上げも、バスの台数もいろいろな意味で上位に来ることができました。
安全確保は1丁目1番地、我が社の生命線です。
安全性評価認定制度では三つ星を獲得し、
事故を限りなくゼロに近づけ、これからもお客様の笑顔を守り続けます。

代表取締役社長

木下徳泰

MARUICHI COMPANY MISSION

経営理念

お客様の笑顔のために

弊社は運送業から始まり、観光バス事業を企業の大きな柱として成長してきました。運送業の制度の変化や業界内の激しい競争などドラスティックな背景の中でも、様々な事業を手掛けながら会社自体も発展し、バスや社内のシステムにおいても常に近代化・合理化を進めています。
私たちが最も大切にするのが“安全”です。安全はバス輸送業の命とも云える時代にあります。“絶対にない”とは言い切れない事故を限りなくゼロに近づけ、お客さまに選ばれるバス会社でいることが私たちの目標です。お客さまにとっても、社員にとっても、信頼できるバスは“みどりのバス”と云えることが、もっとも大切な目標だと思っています。

MARUICHI COMPANY BUSINESS

事業紹介

観光バス・旅行業のパイオニア

丸一観光は1965年に七尾市にて運送業を開始。1983年より一般貸切旅客自動車運送業として認可を受け、バス運送事業を開始し、現在、大型から小型まで50台弱のバスを保有し、社員90人余りの会社です。
『グリーンライナー』を始めとする”みどりのバス”が皆さまにも定着してきましたが、旅行業や貸切バス事業、タクシー事業などの各サービスに於いて、これまで他になかった事業を積極的に手がけてきたことで今、多くの皆さまの期待に応えられる会社という自負があります。
乗合バスをはじめ、インバウンド観光や介護タクシー、レンタカーとの連携など「かゆいところに手が届く」サービスの開発にも注力しながら女性が活躍できる事業など、働きやすさ、地域の住みやすさにも貢献できるような、今までに無かったことをどんどん手掛ける会社です。

ニーズに合わせてバスを選べる

貸切バス事業

お客さまの利用人数、用途で大・中・小型のバスを
ご提案できる貸切バス事業。
お客様が安心してバス会社を選択できる評価認定制度において三ツ星認定を受けています。

石川・富山⇔東京間 毎日運行

高速乗合バス事業

最新の安全システムを搭載し、Jバス最上級のシートやトイレ、コンセント等充実した車内設備を備えたバスで、安全・快適にお客さまをお届けする高速バス事業。

石川の魅力を拡散する

旅行事業

石川に観光に来られる海外のお客様などに、
より石川の魅力に触れてもらえるインバウンドツアーも積極的に取り組んでいます。

COMPANY EMBLEM

社章

大きな丸の下に“一”を配し「丸一グループ」を表します。
Mの文字は頭文字を意味し、青の3本の線が互いに交わる事でグループ会社の結束を図ります。
グリーンは「大地」、ブルーは「空・海」を表し、環境にやさしい企業を目指します。
Mの中に斜めにVがあることで、いかなる困難にも立ち向かい、勝利に向かって前進していきます。

COMPANY INFORMATION

企業情報

会社概要

社名
株式会社丸一観光 (MARUICHI KANKO Co.,Ltd)
本社
〒926-0014 石川県七尾市矢田町2-1 GoogleMap
TEL:0767-53-6161 FAX:0767-52-7456
営業所
●金沢営業所
〒920-0332 石川県金沢市無量寺町ホ120GoogleMap
【予約センター】076-255-0001
TEL:076-266-1401(代) FAX:076-266-0413

●七尾営業所
〒926-0014 石川県七尾市矢田町2-1GoogleMap
TEL:0767-53-6161(代) FAX:0767-52-7456
設立年月日
昭和49年 5月(有限会社丸一)
平成18年11月(株式会社丸一観光に社名変更)
資本金
6,500万円
代表者
代表取締役社長 木下徳泰
従業員数
91名(令和2年3月31日現在)
車両台数
高速乗合  大型バス 6台
貸切  大型バス 29台/中型バス 5台/小型バス 8台
計48台(令和2年3月31日現在)
事業内容
一般貸切旅客自動車運送事業/一般乗合旅客自動車運送事業
第二種旅行業/自家用自動車運行管理業
営業区域
石川県全域
富山県氷見市・小矢部市・南砺市
許認可/加盟
石川県知事登録旅行業 第2-213号
社団法人日本バス協会正会員
社団法人日本旅行業協会正会員
取引金融機関
のと共栄信用金庫、北國銀行、北陸銀行、金沢信用金庫
グループ会社
株式会社丸一観光北陸
丸一運輸株式会社
丸一タクシー株式会社

※従業員数、車両台数は、株式会社丸一観光北陸を含みます。

沿革

2019年 6月
㈱フェリーチェ・コーポレーションにてコメダ珈琲店2号店開店
2018年 9月
㈱丸一観光 金沢営業所を㈱丸一観光北陸として分社化
2018年 8月
㈱丸一観光の子会社 ㈱フェリーチェ・コーポレーションにて
コメダ珈琲店1号店開店
2017年 12月
貸切バス事業者安全性評価認定制度3つ星継続認定
2016年 4月
高速乗合バス『グリーンライナー』の乗降地に「バスタ新宿」を追加
2015年 9月
貸切バス事業者安全性評価認定制度3つ星認定
2014年 10月
女性ガイドの運転でめぐる『スマートバス』貸切プランの導入
2013年 9月
貸切バス事業者安全性評価認定制度2つ星認定
2013年 10月
石川県より「いしかわ男女共同参画推進宣言企業」として認定を受ける。
2013年 7月
一般乗合旅客自動車運送事業として認可され、
高速乗合バス『グリーンライナー』を運行開始する。
2011年 12月
貸切バス事業者安全性評価認定制度1つ星認定
2009年 6月
木下 徳泰が代表取締役社長に就任する。
木下 八重子が代表取締役会長に就任する。
2008年 12月
高速ツアーバス『グリーンライナー』運行開始する。
2006年 11月
㈲丸一が㈲丸一観光を吸収合併し、社名を『㈱丸一観光』に改める。
木下 八重子が代表取締役社長に就任する。
2006年 3月
㈲丸一観光 七尾営業所新設
2004年 6月
㈲キタカントラベルを『㈲丸一観光』に社名変更する。
日帰りバス募集旅行(Be-Freeツアー)事業を開始する。
2004年 4月
訪日外国人(インバウンド)旅行客送迎事業に新規参入し、事業展開を開始。
2003年 3月
金城運輸㈱のバス部門を、㈲丸一で引き受ける。
㈲丸一 金沢営業所新設
2002年 12月
旅行業登録 石川県知事登録 旅行業第2-213号取得
『㈲キタカントラベル』設立。㈲丸一の旅行部門として旅行事業を開始。
1983年 8月
一般貸切旅客自動車運送業として認可され、バス運送事業を開始。
1975年 9月
自動車分解整備事業として認可される。
1974年 5月
丸一運輸㈱の整備部門として、㈱丸一観光の前身である『㈲丸一』を設立。
木下 彬が代表取締役社長に就任する。
1972年 3月
丸一運輸㈱を設立する。
1965年 11月
初代 木下 彬が運送業として創業開始する。